防犯に大活躍!新亜光学工業株式会社のカメラ技術

防犯カメラ設置検討の方必見!新亜光学工業株式会社が教える防犯カメラの選び方

カメラの歴史を大公開

防犯カメラと聞くと銀行を含む金融関連の企業や、高額な製品を販売している店舗をイメージします。 しかし近年ではコンビニやスーパーでの設置や住宅での設置も当たり前になってきました。なぜ防犯カメラを設置する様になったのでしょうか?その理由に迫っています。

なぜ防犯カメラを設置するの?

シャッターを押せば写真、または画像になるカメラはどの様な歴史の上で成り立っているのでしょうか。小学生の頃、自由研究でカメラを作った方もいるかも知れませんがピンホールカメラと呼ばれるものが、最古のカメラといわれています。このカメラは紀元前に発明されたもので、ガラススクリーンにその景色を映すだけの簡易的なものでした。

それが少しずつ改良されていき、15世紀には凸レンズを使ってより明るい像を映し出せるカメラオブスキュラが誕生しました。但しこの頃もまだフィルムという概念が無く、景色や像を映し出すだけのアイテムでした。

今のカメラにグンと近づき、且つ撮影が出来る様になったのは19世紀に入ってからです。アスファルトを感光材料にしたカメラはなんと8時間かけてたったの1枚しか撮影出来ませんでした。しかし物体になる事で多くの注目を浴び更に研究が加速、1839年には露出時間が30分に短縮されカメラがより気軽に利用される様になりました。そこから1841年にネガポジ法といって濃淡や陰陽に撮影が出来る技術が生まれました。

現在も使われている写真フィルムがリリースされたのは1888年のアメリカの企業です。この企業は今もカメラの大手として名を馳せています。1935年になるとカラーフィルムが登場し、20世紀の半ばにはインスタントフィルムが生まれカメラは庶民の娯楽となりました。スマホの普及によってカメラ離れが懸念されていますが、形を変えながら今も多くの方に愛されています。

自宅に防犯カメラを設置する為に

セキュリティ強化や高齢者・子ども・ペットなどの家族が心配なので防犯カメラを設置したい。しかしそう思った時にどんなタイプを選べば良いのでしょうか? 用途に合わせた選び方を理解すれば、失敗のリスクはグンと減り無用な費用を捻出する必要が無くなります。

新亜光学工業株式会社と防犯カメラ

カメラはとても細かな機材が組み込まれていて、精密機器の集合体といえます。そんなカメラ関連の製品を多く輩出してきた新亜光学工業株式会社も、防犯カメラを研究・開発していると知っていますか? この企業が提供している製品はもちろんの事、企業について触れています。

TOPへ戻る