防犯カメラ設置検討の方必見!新亜光学工業株式会社が教える防犯カメラの選び方

自宅に防犯カメラを設置する為に

スペックは必ずチェック

防犯カメラ導入を検討しているけれど、何をチェックすれば良いのか分からない。必ず確認して欲しいのがスペック(性能)です。画素数・F値をチェックしない事には用途に合ったものを選べません。

画素数は解像度とも呼ばれていて、画面を表示する為の点の数を表しています。この数値が高ければ高いほど細かく表示されますが、容量が大きくなります。またカメラの画素数とモニターの解像度をあわしておかなければならないので注意が必要です。

F値に関してはカメラに入り込む光を調節してくれる度合いを指します。この値が小さいとたくさんの光を取り込めるので、暗い場所でもくっきりと撮影出来るのが特徴です。防犯カメラとして利用するならF値は小さい方が良いです。

タイプ別の防犯カメラ

一言で防犯カメラといっても種類があり、大きく分けると屋内向け・屋外向け・単体カメラ・カメラ録画機セットがあります・屋内外に関してはF値や画素数が違い、屋内であればF値は小さい方が良いです。

単体カメラは常に撮影しているタイプで、映像を垂れ流しにしているので別途録画機材が必要です。コストが低く、録画媒体を選ばない。且つ電池をあまり消費しないので長持ちです。

カメラ録画機能セットタイプについてはSDカードやネットワーク転送を使ってカメラ録画までしてくれるので、別に録画機器を用意する必要はありません。WiFiやブルートゥース接続が可能なので、汎用性が高いのが特徴です。但し機能に比例してコストが高くなりやすいです。


TOPへ戻る